補助金が貰える太陽光発電

自宅に太陽光発電システムを導入することで、補助金をもらうことができます。国からの補助金は定額ですが、自治体によっては高額なところもあります。

サイトトップ > 補助金の対象者

スポンサードリンク

補助金が貰える太陽光発電

補助金の対象者


補助金交付の対象となる申込者は「住居に太陽光発電システムを設置し、電力会社と電灯契約を結ぶ、個人または法人」と定義されています。その詳細は次のようなものです。


申込者は住居として使用する建物に、太陽光発電システムを新たに設置する個人または法人に限られています。この場合に、住居を店舗や事務所と兼用する場合は許可されます。また、法人には個人事業主も含まれています。なお、交付規程や実施細則などの書類においては、受理決定を受けた後の上記に当てはまる個人や法人を「補助事業者」と呼びます。


また、住宅用太陽光発電システムの設置のことを「補助事業」と呼びます。次に、申込者は太陽光発電システムの購入者であること、そして、電灯契約をしている契約者本人であることが条件です。


賃貸集合住宅の場合は、賃貸借契約書の写しを電力受給契約確認書に添付することで、建物所有者による申請が可能になります。


最後に、個人での申請の場合は、太陽光発電システムを設置した後、排出削減事業へ参加することが条件となっています。また、実際にもらうことのできる補助金の額の目安は、導入を予定している太陽光発電システムの公称最大出力から求めることが出来ます。


1キロワット当たりの補助金が48,000円なので、公称最大出力をキロワットに直して48,000を掛ければ、その値が導かれます。


補助金が貰える太陽光発電

MENU



スポンサードリンク